株式会社ケアリングジャパン
cjロゴ.png

株式会社ケアリングジャパンは得意とするオーガニックコスメを始めとして、
多種多様な化粧品の企画開発から製造販売までを行う化粧品メーカーです。

navibutton.jpgnavibutton.jpg
tel.jpg

国産オーガニックハーブコスメ
OEMのご案内

国産オーガニックハーブウォーターの取り組み
ケアリングジャパンは2008年化粧品受託製造工場としては日本初のエコサート認証を取得しました。エコサートはフランスに拠点を持ち、オーガニック認証の世界基準とも言われています。かねてよりオーガニック化粧品づくりに取り組んできた私たちは、より多くの人にオーガニックを広めるべく、新しい取り組みを開始しました。同じ静岡県内の落合ハーブ園と提携し、化粧品の基材となる「水」をオーガニックハーブから生産する、というこれまでにありそうでなかった取り組みです。

落合ハーブ園について
昭和62年の創業当時から有機・無農薬栽培で高品質なハーブを作っています。「人のからだに良いはずのハーブに農薬など使わない」という信念のもと、完全無農薬栽培を徹底し、審査の厳しい有機JAS認証を取得しました。
落合ハーブ園について

ハーブウォーターができるまで
【栽培・収穫】
富士山のふもとで手間ひまかけて大切に育てられるオーガニックハーブ。品種に合わせ、適切な時期、背丈で収穫します。

水蒸気蒸留
収穫したハーブをフレッシュなまま(必要に応じて乾燥させて)水蒸気蒸留します。使用する原水は、富士山に降った雨や雪が長い時間をかけて溶岩流を伝い、地下水となって流下した天然水。名水百選にも選定されている、柿田川湧水群から得ています。

芳香蒸留水について
ハーブの蒸留水には、水溶性の精油成分が含まれていてヨーロッパでは古くから、そのままスキンケアなどに使われてきました。




ハーブ園イメージ001.jpg
ハーブ園イメージ005.jpgハーブ園イメージ003.jpg
落合ハーブ園480.jpgハーブ園イメージ004.jpg
ハーブ園イメージ002.jpgハーブ園イメージ010.jpg


蒸留器の中は.jpg

ハーブウォーターのラインナップ

ラベンダーウォーター収穫:6〜10月
真正ラベンダーの芳香蒸留水。ラベンダーは心身に対するリラックス効果があります。また、優れた抗炎症作用もあるので、スキンケア製品の基材として適しています。

【カモミールウォーター収穫:5〜6月
カモミール・ジャーマンの芳香蒸留水。リンゴ様の香りがするカモミールは高ぶった気持ちを落ち着かせ、肌の乾燥やかゆみなどの炎症も抑えてくれます。

【ローズマリーウォーター収穫:5〜9月
【ペパーミントウォーター収穫:5〜9月
【レモングラスウォーター収穫:5〜10月
【ゼラニウムウォーター収穫:5〜11月
【タイムウォーター収穫:5〜10月
【セージウォーター収穫:5〜10月

その他の植物もご相談に応じて生産可能です。

ハーブ園イメージ.jpg
ハーブ園イメージ001.jpgIMG_0394-復元.jpg
ハーブ園イメージ008.jpgハーブ園イメージ005.jpg

ハーブウォーターの応用例

【コスモス認証取得可能】
コスモス認証基準での処方をベースに、ご要望に合わせてオーガニック製品の開発を行います。

リキッドクレンジング
ラベンダーウォーターを使用したリキッドタイプのクレンジング料。皮脂バランスを整えながら、ハードなメイクまでしっかりと落とします。

コールドプロセスソープ
オーガニック植物オイルをベースとしたマイルドな洗い上がりの石けんです。熱をかけない製法でラベンダーウォーターをフレッシュなまま配合しました。

化粧水
高い保湿効果のある、しっとりタイプの化粧水。カモミールウォーター配合でお肌のキメを整えながら、しっかりとうるおいを与えます。

乳液
ベタつかずさらっとした使い心地の乳液です。カモミールウォーターとオーガニックオイル配合でみずみずしく、しっとりとした素肌に整えます。

保湿クリーム
乾燥から肌をまもり、肌にハリと弾力を与えるクリームです。ラベンダーウォーターとオーガニックオイル配合で長時間エモリエント効果を保ちます。

アウトドアボディミスト
虫が嫌うハーブの香りをブレンドした、手軽に利用できるアウトドアボディミストです。(主な配合成分:レモングラスウォーター、ゼラニウムウォーター、レモングラス油)

消臭&除菌ミスト
消臭&抗菌効果の高いハーブの力を生かした、衣類・ファブリック用の消臭&除菌ミストです。(主な配合成分:ラベンダーウォーター、チャエキス、ルイボスティーエキス)

コスモス認証基準(一部抜粋)
◯有機農業からの生産物の使用を促進し、生物多様性に配慮すること。
○責任を持って天然資源を使用し、環境に配慮すること。
○汚染物質を出さず、人間の健康及び環境を尊重する加工及び製造を利用すること。
○グリーンケミストリー(環境に優しい化学)の概念に取り組み、発展させること。
○コスモス基準が定める原料を使用すること。
○オーガニック原料を20%以上配合すること。